2015年11月28日

みどりのかぜ 第276号 2014/6/20

『初めての入院(ヘルニア)』
第5病棟  R・S様

 三月から週一回ブロック注射をするために病院に通いましたが良い結果が出ず、約三週間という予定で入院しました。入院してからもブロック注射を続けましたが、これも良い結果が出ず手術することを勧められ、手術することになりました。
 手術すると今年の夏は部活に戻ることができないと言う事でとても悔しかったのですが、手術をした後は手術をした方が良かったと思い、部活に戻れない悔しさが来年やってやるという前向きな気持ちになりました。
 退院が決まり長かったようで短かった約50日間の入院生活が終わります。楽しく生活を送れたのは看護師、看護助手、理学療法士のみなさんのおかげです。そして兵藤先生、ありがとうございました。
posted by 仙台整形看護部 at 19:04| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第276号 2014/6/20

『感謝』

第3病棟  八十九歳の老女様

 わらにもすがりつきたいような思いで昨年三月十四日、接骨院の先生の紹介で当院を受診した。
 診断を受け、ギプスをはめ、薬物療法、安静とのこと…。ベッドに横たわりホッとした瞬間、兵藤先生の顔が浮かび、思わずありがたく手を合わせたのが鮮明に思い出されます。
 身動きも自由にならず、コルセットをした当初には看護師さんの手を煩わす事が多く、申し訳なく感じながら、聖職とは申せ頭のさがること。恥ずかしいことが多く出るなかを、快く処理していただき感謝の毎日を過ごさせていただき三ヶ月経過、無事六月十五日退院することができました。
 六月末日よりケアマネさんのお世話でリハビリのある施設で週二回の通所。理療士さんの指導で三ヵ月後自主トレになり、懸命にはげんだ心算でした。
 十二月初旬より少しずつ足の運びに違和感があり、そのうち腰、大腿部、ふくらはぎと一日一日と歩行が困難となり、又々兵藤先生におすがりするよりないと思い、一月二十八日通院し、即入院が決った時にも前回と同様の思いが致しました。
 此の度の手術では、あの激痛はどこへ消え去ったのだろうと思う程…。お蔭様で楽になりました。
 先生方や看護師の皆様や関係者の皆様方の一日中の役割をみておりますと只々ありがとうございますとの言葉、感謝しかございません。
 本当にありがとうございました。
posted by 仙台整形看護部 at 19:02| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

2014年06月24日

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『桜の花と人生観』

第3病棟 307号室 H・S


 東北みちのく仙台地方にも桜の花が咲き始めて来ました。
 病室から桜の花を見ることは出来ないが、剪定師が来て病院敷地内の松や桜等を剪定し、剪定した桜の枝を同室の方がもらってきて、部屋にジュースの空容器に飾り一足先に桜の花見を致しました。
 花はしだれ桜で少し花が小さいけれどピンク色で可愛い美しい桜です。この花を見ていて心が和みました。然し三日程であの美しい桜の花が影を落とし散ってしまいました。正に「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」 作家、林芙美子の一節ではありませんが、我が人生を回顧してみて頭のカメラに色々と浮かんで来ました。私も当院に入院して一ヶ月が過ぎましたが。
 私は家内の介護中に転倒し腰を痛くし、前の医院に診察してもらった。「骨折ではなく筋肉痛だからストレッチ体操などをして頑張りなさい」と言われたが、一向に良くならず痛みに耐えきれず当院に紹介してもらい、高橋先生に診てもらい、レントゲン、CT、MRI等の検査の結果、腰椎の圧迫骨折と診断され、コルセットを装着し安静にして療養中です。
 今は当院に来た時の苦しみを忘れてしまいました。今は回復に向かっています。そして退院の日を心待ちにしています。
 此れも、先生始め看護部(みとりふ)さん達がいつも明るく笑顔で対応してくれて、その心遣いが身にしみてありがたく感謝をしながら日々を送っています。退院後は老身を労りながら、趣味を生かし残り少ない人生を家族と共に楽しく有意義に過ごしていきたいと念じております。
 最後になりましたが、先生方始め看護婦さん達の益々のご自愛を祈りペンを置きます。
posted by 仙台整形看護部 at 18:26| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『入院生活』

第4病棟 4階寝坊助アイドル様


 パンパカパーン! Tさんの第1号で書くYSです。と言うか言うの遅いよ、Tさん!作文なんか久々すぎて何書いたらいいか迷っちゃう。
 3月12日に仙台整形外科病院に入院しました。入院することになった原因は左膝前十字靭帯断裂及び内側半月板損傷でした。フットサル選抜練習の時、トラップに失敗して左膝がバキッといって倒れて身動きがとれなくなって焦りました。21年間生きてきて味わったことない痛みでしたね。
 手術も無事終わってリハビリも痛かったけど順調に進んでいけたのは川又先生、担当していただいた看護師さん、助手さん、スタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。この3週間、長かったようで短い入院生活だったなぁ。また、何かあってリターンしたらよろしくお願いします。
posted by 仙台整形看護部 at 18:24| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『初めての入院・手術』

第4病棟 膝カルテットbP


 私は、小学生の頃から球技のスポーツをしていて、中学生の頃から膝がずれるような感覚が何度かあったので、病院に行ったら「左膝蓋大腿骨不安定症」と診断されました。その頃から「もっと酷くなったら手術」と言われていましたが、サポーターやテーピングをがっちりして部活を続けていました。しかし、大学に入学して一年が経とうとした頃、スポーツをしていてではないのですが、とうとう脱臼してしまいました。私は、東北出身ではないので、どこの病院が良いのか悪いのかわからなかったのですが、脱臼した時に救急で行った東北薬科大学病院の先生に仙台整形外科の川又先生を紹介して頂きました。仙台整形外科では、レントゲンやMRIを撮り「左膝蓋骨反復性脱臼」と診断され、「左内側膝蓋大腿靭帯再建術」という手術をすることになりました。
 初めての入院、手術だったので、不安しかありませんでしたが、川又先生の説明はとても詳しくわかりやすくて、手術の不安は減りました。手術後も傷の経過などを頻繁に診に来て下さったりととても安心出来ました。リハビリも時には痛くてやりたくない時もあったり、少し反抗(笑)したこともありましたが、PTの先生は話しやすくて色々な話をしたりして、徐々に楽しい時間になっていきました。
 入院生活は、初めての経験だったので不安でしたが、看護師さんや看護助手さんは皆、常に笑顔で親しみやすく、また、周りの方達が声をかけて下さったおかげで、不安も消えていきました。それどころか、普段ならあまり関わらない年代の方達との交流があるので、自分にとって貴重な経験になったと思います。そんな入院生活の中で、よく声を掛けてくださる方がいました。色々と話をしていると大学の先輩だとわかり、たくさんの相談に乗って頂きました、偶然、病室も同じになり、私のことを娘のように可愛がって下さいました。同じ病室の方達は、面白い方ばかりで、他相のない話で盛り上がり毎日のように大笑いして、最初は退屈だった入院生活も次第に楽しくなっていきました。終いには、PTの先生に「膝カルテット」と名付けられました(笑)
 退院日も決まり、なんだか嬉しいような悲しいような…複雑な気持ちですが、退院しても入院中の出来事を忘れず、教わったリハビリも怠らずに頑張ります!
 最後に、川又先生をはじめとする医療スタッフの皆さん、同部屋の方々、その他の入院患者さん、大変お世話になりました。
 本当にありがとうございました。
posted by 仙台整形看護部 at 18:22| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『初めての入院』

第5病棟  中3様


 私はテニスの試合中に膝をけがしてしまいました。その時は立ち上がる事も出来なかったので担架で運ばれてすぐ病院に行きました。病院でレントゲンを撮ったが骨には異常ないと言われました。その次の週にまた病院に行きました。膝に血がたまっていたので抜いてもらいました。血がたまるという事は膝の中がおかしくなっているかもと言われました。MRIをすぐとってまた診断を受けた結果、前十字靭帯と半月板の損傷でした。手術が必要と言われた時、私は涙が止まりませんでした。
 私は今年中学三年になりました。六月に最後のテニスの大会をひかえている時にけがをしてしまい、中学生生活最後の試合に出られなくなりました。テニス部のチームメイト、顧問の先生に迷惑をかけてしまうと思い、涙が止まりませんでした。その診断から二週間後に入院しました。
 私は人見知りなのでドキドキしていましたが看護師さんや入院している患者さん、みんなが優しかったので大丈夫でした!(笑)
 手術も無事成功し、足もだいぶ良くなったので外泊の許可が出ました。久しぶりに部活のみんな、先生方に会えてとてもうれしかったです。2日ぶりに病院に戻って来てまたリハビリなどが始まりました。理学療法士の佐藤さんの指導の下、歩く練習などを頑張りました。リハビリをしていく中ですごく理学療法士ってカッコイイなと思いながらリハビリをしていました。私も将来絶対理学療法士になります!!そのために今年受験なので志願校に行けるように勉強を頑張ります!そして佐藤さんみたいな理学療法士になります。
 私は今回入院…手術をしてたくさんの事を学ぶ事が出来ました。少し大人になれたような気がします!(笑)一ヶ月間本当にお世話になりました。また何かあったらよろしくお願いします。
posted by 仙台整形看護部 at 18:20| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『素敵な出会い』

第5病棟  N・S様


 突然の左足の痛みに襲われ、病院へ行き椎間板ヘルニアと診断を受け入院になりました。
 小学生の息子二人を実家に預けて心配と会いたい気持ち、そしてなかなか取れない足の痛みで辛くて不安な入院生活の始まりでした。
 でも、同じ病室の方々や看護師の皆さん、主治医の先生がいつも
明るく優しく接してくださったので、不安が少しずつ和らぎ治療に専念できました。
 その中でも特に、隣のベッドの中学生の女の子には、たくさん元気をもらいました。三十代の私と十代の彼女。なぜか笑う所が一緒で、見るテレビも一緒で、二人で良く大笑いしていました。笑うことは人を元気にするんだなぁと彼女に教えてもらった気がします。
 そんな彼女も明日退院してしまいます。少し寂しいですが、彼女を応援しつつ、私も早く退院できるように治療を頑張りたいです。かわいい息子たち、もう少し待っててね!!
posted by 仙台整形看護部 at 18:18| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『入院生活を振り返って』

第5病棟  Y・I様


 さる治療院からの紹介状を得て、その日の午後当院を受診、先生から手術以外改善の道はないと即日入院を奨められたものの、その準備もなかったので改めて翌3月4日(火)午前入院しました。当然2〜3日の内に手術があるものと思っていましたが、諸々の手続きと検査を経て10日後の手術でした。
 若いときから腰痛持ちであった私は40〜50年前の医療技術情報しか頭になく、当時腰椎椎間板ヘルニアの成功率は巷間50%前後と聞いており、その手術に成功した先輩諸氏は一日も早くやるべきと言い、車椅子生活を余儀なくされた人達は絶対やるべきではないとの意見に分かれていたものでした。
 しかし、この度の受診時の私の症状は手術をするか否かの選択肢はなく、院長先生の画像と模型による丁寧な説明を受け安心してお任せする決心をしました。その後、麻酔科の先生からも説明があり、過去に患った喘息や現在も年1回経過観察を受けている脳動脈瘤等、手術を行うに際してのリスクの有無など、色々検討がなされたようでした。手術もぶじ成功裡に終わりましたが、その夜の激痛と苦しさは情けなくも我慢の域を越え、宿直の看護師さんと先生に大変なご迷惑をお掛けしたこともつい昨日のことのようです。丁度一ヶ月前の今日の入院以来、本日(4/4)まで献身的かつ親身なお世話を全職員皆様方から受けたお陰で順調な快復を得ることができ、退院の目途もつき改めて当院で過ごした快適な日々をしみじみ想い返しています。本当にお世話になり有り難うございました。
posted by 仙台整形看護部 at 18:17| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第275号 2014/5/20

『今を乗り越えもっと強く!!』

第5病棟  F・T様


 四月二日、野球の試合中に人生初の骨折をした。その試合で先発ピッチャーだった私は、いつも以上に気合が入っていた。初回、一人目のバッターを三振にとり1アウト。続く二人目のバッターにボールを投げようと足を地面につけた瞬間、鈍い音がなり、私はその場に倒れた。私はその時のことはあまり覚えていないが、覚えているのは変な方向に曲がった自分の左足と激痛だけだ。チームメイトが急いで担架を持って来て、私は保健室に運ばれた。
 保健室に着いてから、先生は親と病院に連絡をとり、すぐに学校の近くの仙台整形外科に運ばれた。運ばれてすぐに診察を受け、左大腿骨骨幹部骨折だということが分かった。先生はこんな骨折見たことがないと驚いていたため、私は本当に治るのか心配になったが、手術をしてリハビリをしっかりやれば治ると言われ安心することができた。
 その日から入院して、その日の夜、私は次の日に行われる手術が心配であまり眠ることができなかった。
 手術が終わり、私は酸素マスクをつけた状態で病室に戻ってきた。自分のことを心配してくれた家族や親戚の人たちが自分に声をかけてくれていたのは何となく覚えている。
 手術が終わってから数日間は痛みとの闘いだった。毎日夜中痛みで起き、本当に辛い日々を送っていた。
 手術から約二週間経った今は辛い日々を乗り越え、夜もしっかり眠れるようになった。何よりも嬉しかったのは松葉杖を使って歩けるようになったことだ。歩くことの楽しさを骨折して初めて知ることができた。完治するのは約半年後だけど、ゆっくり焦らず治していこうと思う。
 治ったらもう一度野球を思いっきり楽しみたいと思っている。練習は毎日大変だけど、今までの痛みや辛さより精神的に大変だと思うことはないと思うので、半年のブランクがあっても頑張れると思う。そして、それを乗り越えて来年の夏、ピッチャーとしてマウンドにもう一度立てるように頑張ります!!
 この骨折のおかげで、自分の気持ちを強くすることができたので、このあまりできない経験に感謝(笑)
posted by 仙台整形看護部 at 18:08| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年

みどりのかぜ 第274号 2014/4/20

『 笑顔が戻った  』

第5病棟 T・K様


 元気印の私が、バリバリ楽しくお仕事をしすぎて、六年前の椎間板ヘルニアが再発。母子家庭で、中三(受験生)の息子を一人家に残しての入院です。なかなかの痛みと不安いっぱいで笑顔が消えました・・。この痛みは治るのか? 寒い二月〜三月の二ヶ月、息子の一人暮らしは大丈夫か? 生活費はどうしよう?
 でも、一つ目の心配はクリアした気持ちになりました。六年前の私の主治医の兵藤先生が今回も診て下さる事になり、以前も私を元気にして下さった先生・・きっと大丈夫!!先生の顔を見ただけで安心出来ました。ブロック注射も手術もがんばって頂き、結果は予想通り。今は痛み止めも飲まなくていい程に回復しました。さすが兵藤先生、完璧です!!有難うございます。
 笑顔が戻りました  感謝!!
 二ヶ月間の中三の息子の一人暮らしは・・というと意外にも家はオレに任せろ≠ュらいの勢いできちんと清掃、洗濯、ご飯作り、皿洗い、一人での登校、更には私のお見舞いまで来てくれていました。息子が、こんなにも頼りになり優しく育っている事に気付かせて頂いた入院でもありました。退院したら、沢山誉めてあげようと思います。あとは私が体を大切にして笑顔が消えない様に元気に毎日を過ごすのみです。
 最後に、いつも一人一人丁寧にそして楽しく声がけして下さった看護師さんやリハビリの先生方、私に係わった先生方に感謝と御礼申し上げます。
 皆様もお体大切になさって下さい。仙台整形に来て良かったです。

posted by 仙台整形看護部 at 18:05| みどりのかぜ 第271〜281号 2014年